All archives    Admin

07月≪ 2020年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2013'02.01 (Fri)

「波を寄せて」1

早朝 セ〇ムの警報音に飛び起きた英香です。
お年寄りは朝が早い。今は寒いので割とゆっくり寝ている婆さん。それでも朝5時前から起きて活動します。おかげで朝我々が起きる頃には居間は暖まってるし、洗濯も一回戦終わってるし(^ω^)∨。
今朝はセコ〇解除し忘れて戸を開けたらしく、朝っぱらから警報音と「異常を感知しました」の音声が鳴り響きました。30秒以内に解除しないと警備員が駆け付ける!(実際には電話確認が先にあるけど)って 飛び起きましたよ。
そのまま目が覚めちゃったので、布団の中でポチポチと。
で、さっさと更新です。いかん、続いてしまいました。設定ありきで進めますが、多分 前中後編じゃ収まらないかも(・_・|って感じで 初めてのナンバー付きです。そんなに続かないはずですので お付き合い下さい。
上官・部下 県展後 オリキャラ及び色々捏造(^^ゞ

↓こちらから どうぞ

【More】

「波を寄せて」1


茨城県展での抗争では、茨城県の図書館界の大きな偏向が露見することになった。
須賀原館長が逮捕されたことで更に体制が崩れ、未だ行政人事に揺れている。揺れたのは水戸本部だけではなく、関東図書基地でも稲嶺司令の引責辞任という激震に見舞われた。
玄田を一等図書監に任命し、追って彦江が基地司令に着任すると伝えられて間もなく、1人の男が水戸本部から送られてきた。

幹部会議で既に決定された処置であるため、特殊部隊の朝礼では報告として紹介された。
「関東図書隊茨城県司令部、水戸本部防衛部 和田彰三等図書正であります。1週間ではありますが、ご指導のほど 宜しくお願いします!」
敬礼をして挨拶したのは、28歳という がっちりとした身体つきの青年だった。身長は小牧より少し高いか。色黒の精悍な顔立ちをしている。
緒形副隊長によると、特殊部隊に研修にきたという形らしい。形 というのは、水戸本部の体制が落ち着く前に 実績として投じる足場作りといったところだ。
「堂上班におくこととする。堂上、業務及び訓練指導を頼む。」
緒形の指示に、堂上は「了解」と敬礼で応えた。
朝礼を終え、各班で集まると改めて自己紹介し、挨拶した。
「堂上二正、小牧二正、県展ではお世話になりました。宜しくお願いします!」
県展で既に顔を合わせたことがあるらしく 軽く頭を下げた和田に
「ん、早速だが訓練に入る。手塚・笠原に続け。」
と堂上は指示を出した。

体格的には恵まれている和田だが、結果として手塚達に着いていくのがやっとだった。ハイポート後の休憩では 膝を落として息を整える。
「や、体 鈍ってるよ。さすがだね、特殊部隊。」
茨城では基礎訓練が主で レベルの高い訓練は久しいらしい。須賀原特監が館長に着任する前はそれなりだったというが、この1週間で特殊部隊のイロハを持ち帰るのはかなりの努力が必要だ。
「茨城での訓練を見た限りでは 和田三正には実力がある様に思う。体さえ慣れてくれば帰っても十分指導出来るだろう。」
堂上の言葉に「嬉しいなあ。」と破顔した。
堂上とて 茨城図書館界の今後は気掛かりの1つであった。同じ志を持つ者として 業務部も防衛部もない。妙なヒエラルキーが撤回され 本来の本を守る姿勢を取り戻すのはいつになるだろうか。

昼食時には柴崎も交えて席を取った。
自然 県展の話題となる。『自由』という作品が及ぼした影響、その後の市民の反応は図書館に限らず様々な世界に波及しているという。
「いい風が吹きますよ。」
和田の力説に皆が頷いた。
「ところで笠原士長、野々宮さんから聞きましたよ。一高出身だってね。」
「あ、はい。」
郁は面食らった。同じ茨城出身者なんだから 高校も分かるのは当然か。
「舞ちゃんって知ってるだろ?。木村舞。」
久しぶりに聞く名前だがよく知っている。ただ和田から出てくるとは思わなくてびっくりした。
「え?。はい。知ってるも何も、高校の時の同級生で とっても仲が良かったんです。陸上でも一緒だったし。…でも何で?」
「ハハ、彼女の兄貴と親友でさ、実は舞ちゃんから笠原さんの話を聞いた事があるんだよ。」
「え――。」
郁にしたら居たたまれない。知らないところで噂されていたとは。
「へぇ―、案外世界は狭いもんだね。」
小牧はクスクスと笑っている。
「それはそれは笑い話に事欠かなかったでしょうね。」
柴崎の言葉に郁は食って掛かった。
「特に王子様の話はよく聞かされましたよ。」
ハハハと笑う和田に 郁は大きく目を剥いた。その場はピシッと緊張感が走るが手塚の箸だけは動いていた。
和田はキョトンとした。
「あれ? だって……。」
「――時間だ。戻るぞ。」
堂上は箸を置くと トレイを持って席を立った。
「あ、待って下さい。」
郁は慌てて後を追った。堂上の表情は読み取れない。郁の視線は足元に落ちた。
10:36  |  図書戦  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

何か拍手が届いてない気がするので(^^ゞ

おはようございます(・∀・)ノ♪ うふふ、素敵な「波」の予感(≧ω≦)♪ 郁ちゃんのあけっぴろげな性格と意外と狭い世間がどう掻き回してくれるか楽しみです(*^□^*)  英香さん宅は、LALA全プレ届きました?電池入れ前の時間に、昨日一日悶えまくってましたよ~(^^ゞ
すぎ | 2013年02月02日(土) 05:14 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2013年07月03日(水) 13:41 |  | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://746754.blog.fc2.com/tb.php/149-47f23743
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |