All archives    Admin

07月≪ 2020年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2013'03.01 (Fri)

「やきもち」

おはようございます。英香です。
3月に入りました。
あと1週間です。このストレスを原動力にブログを始めました。…予想の倍率を今年に限ってかなり上回っていて 今更ながら恐れおののいています。黒バス読んでる場合じゃないよー。現実逃避するなよー。
更新です。恋人期。蔵書窃盗事件中。

↓こちらから どうぞ


【More】

「やきもち」


当麻事件で被弾した堂上が退院してきた。
班長不在の3ヶ月間、小牧と手塚でフォローし、郁も最大限努力した。
堂上と郁が付き合い出した事実はあるが 2人共公私は区別する。以前と変わらぬ堂上班に戻って業務をこなすようになった。
そんな中、毬江が発見者となった蔵書窃盗事件の捜査で 堂上班は監視を一任される事になった。堂上と小牧は一般図書館員に偽装し、郁と手塚は学生に扮して見張りをする。総じて線の細い堂上班、その光景は全く不自然さがなかった。

犯人に怪しまれないように辺りを見回す。堂上は配架しつつ閲覧室の自習コーナーに視線を移した。
ジーンズにTシャツと黒カーディガンの郁と、無難なカーゴパンツにアースカラーのシャツを重ねた手塚が、犯行が予想される国文学の書架を見張りやすい席に差し向かいで座っていた。
傍からみれば学生カップルだ。そのように偽装しているのだから当然か。但し普段勉強しない郁が「レポートを書く体裁」というものを繕えずにいる。それを手塚がバカにするものだから 郁もギャンギャン騒いでいるのだ。あまりにみっともないのでさり気なく小牧が注意をすると 2人揃って首をすくめた。その仕草がまた違和感なく――。
郁と目が合った。
堂上は口だけ動かして バカ とだけ言うと郁から目を逸らした。

「今日も犯人 現れませんでしたねえ。」
堂上と郁はコンビニで買い物をして帰る途中だ。郁は新作のお菓子を、堂上はビールとツマミの乾きものを購入した。退院して酒が解禁となって嬉しいらしい。ちょっとした夜のデートを兼ねて、近くのコンビニではなく基地から反対の方向にあるコンビニを利用した。
しかし堂上がどうも落ち込んでいる?ように見える。いつもより視線を下に落として歩いているのだ。
郁は繋いだ手をきゅっと握った。
「教官、どうしたんですか?。傷口が痛むんですか?。」
覗き込む郁に堂上は微笑む。
「いや、問題ない。」
「うそ。何かありますよね?。そのくらい分かります。」
郁は顎を引いて眉をひそめる。上目遣いに見えるこの角度にちょっと弱い事に最近気が付いた。
堂上は郁の手を引くと一歩路地に入って 掠めるようにキスをした。いきなりの事に 郁は真っ赤になって狼狽える。
「なっ なんですかっ。」
そんな顔に満足して 堂上は壁にもたれて、繋いだ郁の手をちょいちょいと弄ぶ。
「ん、ちょっとな。」
堂上は暫く言い渋っていたが、観念したように大きくため息をついた。
「入院中はおまえを独り占め出来てたな と思って…。」
「へ?。」
郁は耳を疑った。
仏頂面の堂上は 顔を逸らしたままだ。
「似合ってた。おまえら立派に大学生してた。」
何の話だろう、と首を傾げた――が。
「……仕事、ですよ?。」
「分かってる。」
「友達設定ですよ?。」
「別にいい…。」
「教官が大学生に…。」
「見えるわけないだろが。」
堂上の耳が赤い。もしかして。
「やきもち、妬いてます?。」
「ばっ…。」
向き合えば、ふわりとした嬉しそうな笑顔の郁と目が合った。
『堂上教官、あたしのこと好きだと思う?』
手塚に聞いてみた言葉の答えは、先に言われた
『堂上二正、ホントにお前のこと好きなんだな』
と思っていいのかな。
何となく面白くなかったモヤモヤ感が、今度はくすぐったいような 暖かい感情で満たされる。
郁にそんな可愛い顔されたら トレードマークの仏頂面だって吹っ飛んでしまう。
「――ちょっとだけな。」
レジ袋をカサリとならして引き寄せると 額と額をくっつけて微笑み合う。
「手塚なんかにやきもち妬いたって 仕方ないですよ?」
「……知ってる。」


『手塚なんか』は全力で後悔していた。
手にしたレジ袋に視線を落とす。
別に今日でなくても歯ブラシは新調出来る。シャンプーだって あと2・3日分は残っていた。しかも近くのコンビニで用は足りたのだから、わざわざドラッグストアに行く必要もなかったし、急いでるわけではないから 近道して帰ってくる必要はなかったのに。
この路地を抜けなければ寮まで帰れない。
どうやら早く窃盗犯を捕まえなければ、堂上二正に殺されかねない。
電柱の陰で冷や汗を流して早急な事件の解決を願う『手塚なんか』であった。


08:59  |  図書戦  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

おはようございますヾ(=^▽^=)ノ 焼きもち堂上さんにきゃーっo(^∇^o)(o^∇^)o♪♪♪ そして「手塚なんか」にぶ~っΣ( ̄Σ ̄ )……良かった、自宅で読んでてorz そうだよね~手塚は悪くないよ。 でも聞いちゃったしねぇ(^m^)=3 堂上さん大好きっ子には知りたくなかった試練♪ 二人の甘さもさる事ながら、落ちが最高でした(≧ω≦)♪  いつも携帯閲覧です。何故か拍手からコメント入らないのでコメント欄からつぶやいてますが、昨日パソコンで他ブログ様にお邪魔したら、コメント:すぎがズラズラ~Σ(∥|□ ̄;) なんか、嫌ぁ~!!…でしたので、無記名ですm(_ _)m 悪気はないんです、はい(^^ゞ
 | 2013年03月01日(金) 09:25 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://746754.blog.fc2.com/tb.php/177-61d21637
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |