All archives    Admin

07月≪ 2020年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2012'11.02 (Fri)

「ちょっと見た夢」

冷たい風の吹く中 犬の散歩をどうしようか迷った英香です。
ええ、ちゃんと行きましたよ。あの訴えるような目には勝てません。堂上さんの気分です?。
更新です。恋人の2人を見たありがちオリキャラさんの話です。説明くさいですが。別冊Ⅰの蔵書窃盗事件中。

↓こちらから どうぞ


【More】

「ちょっと見た夢」


夕方、業務部の緊急会議が行われた。といっても下っぱには関係なく、今日の会議の内容は 明日の朝礼で報告されるのだろう、と 田中 絵里は帰り支度をしながら思った。
今日も1日の業務が無事終了。毎日これといって変わりなく、本と利用者に接して終わる。地味な人間だと自分でも思う。例えば1つ後輩の柴崎麻子の様に美人では決してないし、彼女と同室の笠原郁の様に事件の渦中に飛び込むことはない。平凡な自分も嫌いじゃないけど。
でも 普通に憧れる。素敵な人と結ばれることを。

次の日の朝礼で 自分にもチャンスが巡ってきたと思った。昨日発覚した窃盗事件に特殊部隊の堂上班が関わることになったらしい。そして業務部側の監視チームのメンバーに絵里の名が含まれていた。地味で警戒されにくいのが理由らしいが。
堂上班は 今迄も館内警備やイベントで見かけることはあったけれど、直接接点を持つことはなかった。独身のエリートでイケメン揃いの堂上班の人気は当然高い。絵里も憧れを持つ1人だ。狙いは班長の堂上二正。小牧には中澤さんという可愛らしい彼女がいるのは有名だし、手塚の視界には柴崎がいる。彼女と張り合う気にはなれない。となるとフリーは堂上1人。笠原郁がちらついているが、恋愛対象としているかは疑問だ。彼女と寮で接する限り 人間的にはいい子だとは知ってるけれど、ドロップキックをするような女性を男性が好きになるものだろうか。自分なら 殺伐とした特殊部隊の世界にいる彼に安らぎを与えてあげられる、そう信じていた。
監視態勢に入った。絵里は純粋に伝令役だ。無線以外で業務を装って接する。堂上の低い声が耳に響いてドキドキした。
昼食も一緒にした。会議室でそんなに近くではないけれど、同じ空気を吸っているのが嬉しかった。気になる堂上と笠原郁との会話は極めて事務的で安心した。うん、チャンス有りと。

捕物は4日目に起きた。
絵里はとにかく邪魔にならないように、利用者の安全を最優先にすることを徹底指示されていた。老人の声が響いて男が暴れ出した時は身が凍りついたようだった。絵里の目の前で繰り広げられる捕物に、ただ目を見開いて固まっている事しか出来ない。
しかし柴崎を庇う手塚にときめく冷静な自分もいた。そんな自分の耳に入ったのは 咄嗟に放たれた堂上の声。
「郁、行け!。」
郁?。
犯人を追う堂上班を呆然と見送った。
聞き間違いだよね。絵里の心臓は早鐘を打った。

犯人が確保されたと連絡があって、館内は安堵の空気に包まれた。廊下に出ると犯人を連行する小牧と手塚に会った。犯人の顔は腫れ上がって、鼻血がシャツに飛び散っている。かなり暴れたらしい。一緒に防衛部にある取り調べ室に入ると 弾けたように小牧が笑いだした。遅れて入ってきた柴崎が手塚に「何事?。」と問い掛けた。複雑な顔の手塚と柴崎と絵里は、小牧の上戸が収まるのを待った。

絵里は返り血を浴びたという笠原郁の様子を見に行く事にした。班長である堂上は呆れただろうな と想像する。返り血浴びていい笑顔 なんてあり得ないわ、と笑いが込み上げてくる。調書を取るのにも立ち合わせてもらおう、面白い話が聞けそうだ。
廊下の先に堂上と笠原が歩いて来るのが見えた。声を掛けようとしたが さっと物陰に隠れた。
手を 繋いでる?。堂上の表情は今まで見たこともない柔和な顔だ。人は仏頂面というけれど 絵里には精悍な顔付きと映っていたその顔が。
2人は隠れている絵里には気付かず通り過ぎると 向かい合って立ち止まった。俯き加減の笠原郁の顎を軽く掴んで上を向かせる。右に左に向きを変える堂上にされるがままの彼女の顔は真っ赤だ。例の返り血が残っていないか検分しているのであろう。その堂上の目は優しげで愉しげで。
なーんだ、そっかー…。
絵里が落とした視線の先で、廊下に延びる影が重なったように見えた。

暫くその場に立ち竦んでいると目の前に柴崎が現れた。
「あ、終わったんだ。」
絵里が視線を落としたまま部屋に戻ろうと一歩出ると 柴崎はポツリと言った。
「いい夢 見られました?。」
そう、夢。平凡な自分には釣り合わない夢。
「堂上二正はアマゾネスが好きだったの?。」
「好きになった女性がアマゾネスだったみたいですよ?。」
柴崎の笑顔につられるように絵里は笑った。やっと前を向けるわ、とやけにサバサバした気分だった。




絵里ちゃんみたいな子が いっぱいいたんだろうな、と思いまして。奪ってやろうと行動するのって 相当エネルギーないと出来ないよなぁ。そんな子もいるだろうけど、今回はおとなしい子バージョンでした。
16:30  |  図書戦  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2013年08月29日(木) 20:23 |  | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://746754.blog.fc2.com/tb.php/54-360a6b9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |